がん保険ランキング2020おすすめ比較|独自評価基準採用【終身・定期・診断金メイン】

終身がん保険おすすめランキング
がん保険 がん保険商品の解説レビュー

がん保険にはタイプ別におすすめがあり、独自の評価基準に基づくランキングを紹介しています!

と言われても

  • がん保険ならどれも同じでは?
  • 何を基準に判断すればよいかわからない。

という方が多いかと思います。

そこでこのページでは各保険会社のがん保険をタイプ別に分類した上でプロの立場から見ておすすめできる順番にランキングを作成しています。

具体的には
  1. 終身がん保険
  2. 診断給付金メインのがん保険
  3. 定期がん保険

と言う形でがん保険のタイプ3つに分類しています。
これらのがん保険は保障内容や契約期間からも本来、加入者のニーズは異なります。

番外編として公的医療保険制度の適応外となる自由診療に対応するがん保険や過去にがんを経験している方でも一定の条件を満たすことで加入できる限定告知型がん保険も紹介しています。

更に具体的に何をもっておすすめなのかと言う部分を明確にする為に以下の6つを評価項目として合計スコアが高い順にランク付けをしています。

がん保険の評価基準
  1. 診断給付金強化
  2. 抗がん剤(ホルモン療法)強化
  3. 上皮内新生物強化
  4. 通院保障強化
  5. 払込免除
  6. 料金

おすすめのがん保険を探している方や見直しを検討している方には自信をもっておすすめできる内容となっていますので是非参考にしてみてください。

終身がん保険おすすめランキング

当サイトの評価基準から算出した終身がん保険のランキングは以下になります。
※商品名をクリックして各医療保険の詳細ページを確認できます。

順位合計スコアがん保険
1位25.0点チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」
2位23.5点三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」
3位20.5点マニュライフ生命「こだわりガン保険(非喫煙体)」
4位19.5点ライフネット生命「がん保険 ダブルエール」
4位19.5点オリックス生命「がん保険Believe[ビリーブ]」
5位18.5点アフラック「生きるためのがん保険days1(デイズワン)」
6位18.0点アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」
6位18.0点損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「勇気のお守り ソレイユ」
7位17.5点楽天生命「楽天生命スーパーがん保険」
7位17.5点メットライフ生命「Guard X(ガードエックス)」
8位17.0点東京海上日動あんしん生命「がん治療支援保険 NEO[無配当]」

ランク付けを行うスコアリング項目は先述しているように6つの項目を5段階評価で合計30点満点となります。

料金5.0
診断給付金強化5.0
抗がん剤(ホルモン療法)強化5.0
払込免除5.0
上皮内新生物強化5.0
通院保障強化5.0

終身がん保険はがん保険の中でもオーソドックスに

ポイント
  • 診断給付金
  • 入院・通院
  • 手術
  • 放射線
  • 抗がん剤(ホルモン療法)

等のがん治療全般に対応したタイプのがん保険で解約しない限り一生涯(=終身)で保障が続く定番のがん保険です。

医療保険のとの組み合わせによる加入を検討している場合は保障内容が重複する事もある為うまくバランスを取ったプランニングも検討できます。

がん保険と医療保険の保障内容の違いから両方を正しく組合せる3パターン
医療保障を検討する際にがん保険と医療保険の両方に加入する必要があるのかと疑問に感じられた事はないでしょうか? もしくはがん保険に加入しようと保険相談をしたら営業担当の方から医療保険も一緒に勧められてどうしたらよいか迷われているかもしれ...

診断給付金メインのがん保険ランキング

がん保険の中でも入院給付金などを保障せずがんの診断時のみまとまった一時金をサポートするタイプがあり、より合理性を求める方にはこちらのがん保険が人気です。

以下は診断給付金が保障のメインとなるがん保険のランキングになります。
※商品名をクリックして各医療保険の詳細ページを確認できます。

順位合計スコアがん保険
1位22点朝日生命「スマイルセブンSuper」
2位21点FWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」
3位20点メディケア生命「メディフィットPlus」
4位16点楽天生命「楽天生命あんしんプラス(がんサポート)」
4位16点東京海上日動あんしん生命「がん診断保険R」
5位14点カーディフ生命保険会社「あなたを支えるガン保険 Next [ネクスト]」

診断給付金が重要な理由

先述しているようにがん保険を検討される方の多くが既に医療保険等に加入しているケースがあり、そのままオーソドックスにがん治療を保障(入院・通院・手術等)するタイプでは保障内容が重複するといったケースも考えられます。

更にがん治療と一括りに言っても、がんの発生した場所や進行度によっても治療方法は様々です。

そこで仮にどんな治療方法を選択する事になっても、初めの診断時点でまとまった診断給付金を受け取ることが出来れば用途は自由に以後の治療にかかる軍資金としての活用も可能となります。

なお必要な一時金の金額についてはがん治療経験者のアンケートなどから100万円~などの回答が多いです。

がん保険の診断給付金がいくら必要かという部分についても紹介していますので良ければ是非ご確認ください。

がん保険の診断給付金(一時金)は保障内容としていくら必要?【経験者アンケート参考】
がん保険を検討する際の診断給付金の必要性や診断金額について昨今のがんの治療期間や方法、過去にがんを経験された方の実際にかかった費用のアンケート結果を元に紹介しています。

なお類似する保険商品に特定疾病保障保険があり、がんの診断一時金含め、急性心筋梗塞、脳卒中までを対象とした三大疾病に加え死亡保障をセットにしたこちらも合理的で人気のある保険です。

がんの診断金以外に保障範囲を広げて保険加入を希望される方はこちらも併せてご確認ください。

特定疾病保障保険(三大疾病保障保険)おすすめ比較ランキング2020
別名、三大疾病保障保険といわれる死亡保障に三大疾病の所定の状態でも給付金を受け取ることが出来る保障範囲が広く、合理的でおすすめな保険です。最も重要なポイントは三大疾病における「所定の状態」が各社異なる部分の為、支払条件を含めたスコアリングからランキングを作成しています。

定期がん保険おすすめランキング

現在販売されているがん保険のほとんどは一度加入したら解約するまで保障が続く終身タイプですが、一部のがん保険に関しては定期タイプもあります。

既にがん保険を準備している方などが一時的に保障を強化したい場合やがん保障自体、一定期間で良いという方向けになります。

以下は定期がん保険のランキングになります。
※商品名をクリックして各医療保険の詳細ページを確認できます。

順位合計スコアがん保険
1位18.5点オリックス生命「がん保険Force」
2位14.0点アクサダイレクト「アクサダイレクトのがん定期」
3位14.0点アクサ生命「アクサの「治療保障」のがん保険」

定期タイプのがん保険についてはこちらでも詳細を解説しています。

定期がん保険の種類【仕組み】や【メリット】について
がん保険には保障期間を一定期間ごとに更新していく定期がん保険と加入したら解約するまで一生涯保証する終身がん保険の2種類があります。 現在では多くの保険会社から発売されているがん保険は一生涯保障の終身がん保険ではあるものの、一部定期がん...

目次に戻る

自由診療対応のがん保険

自由診療対応のがん保険

更に定期タイプのがん保険の中には公的医療保険制度の対象にならない「自由診療」に対応したがん保険があります。

主には保険が効かない未承認の抗がん剤治療にかかる高額な治療費をカバーする目的になります。

ポイントは高額療養費制度の適応前の3割自己負担部分から保障するセコム損保の「自由診療保険メディコム」か

セコム損保の定期がん保険「自由診療保険メディコム」の特徴を徹底解説!
セコム損保の定期がん保険「自由診療保険メディコム」の特徴やデメリットなどを紹介しているページです。同種の実費負担をサポートする保険に「SBI損保のがん保険」がありますがこちらとの最大の違いにして唯一のポイントが高額療養費制度分が補償されるかどうかです。「自由診療保険メディコム」は同制度に関係なく3割自己負担部分を補償の対象にしています。

完全に自己負担のみを保障するSBI損保のがん保険(自由診療タイプ)かと言った違いになります。

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)の特徴を徹底解説!
SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)の特徴やデメリットを解説しているページです。5年毎の更新タイプの為、保険料が割安でありながら、実際にかかった費用を負担するというユニークながん保険です。しかも自由診療分までが対象になるので本当にお金が必要な時に力になるがん保険です。

限定告知型がん保険

通常がん保険は過去に一度でもがんを経験された場合は新たに加入する事ができないものですが一部この基準を緩和した限定告知型のがん保険が存在します。

一つ目ががん保険で有名なアフラックが発売している「生きるためのがん保険 寄りそうDays」で、治療完了から5年以上が経過している事を条件に加入できる商品です。

アフラックのがん経験者向けがん保険「生きるためのがん保険寄りそうDays」の特徴を徹底解説!
アフラックの緩和型がん保険「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の特徴やデメリットを解説しているページです。過去にがんを経験し5年以上全く治療をしていない方であれば加入できます。全く治療をしていないといっても過去の悪性新生物の経過観察の為の定期検査は除きます。ただし条件はあくまで悪性新生物であり上皮内新生物の経験者は対象外となります。

更に対象は限定されますが、セコム損保の「自由診療保険メディコムワン」は乳がん経験者専用がん保険として女性20歳~65歳までの乳がん治療後、再発がない事を条件に加入が可能となります。

セコム損保の乳がん経験者専用がん保険「自由診療保険メディコムワン」の特徴を徹底解説!
セコム損保の乳がん経験者専用がん保険「自由診療保険メディコムワン」の特徴やデメリットについて解説しています。同保険は乳がん経験者の女性20~65歳でその後再発をしていない方限定のユニークな保険になります。対象者を限定する事で、過去にがん治療をしている場合でもその後の治療費の自己負担を全額負担する手厚い保険です。申込条件に該当して新たながん保険を検討してる人は是非ご確認ください。

がん保険のおすすめランキング判断基準

上記で紹介しているがん保険のおすすめ度を判断する基準としては以下の5つを項目としてチェックしています。

ポイント
  1. 診断給付金強化
  2. 抗がん剤(ホルモン療法)強化
  3. 上皮内新生物強化
  4. 通院保障強化
  5. 払込免除
  6. 料金

診断給付金強化

がん保険において診断時の一時金をサポートすること自体は一般的です。
ただ保険商品によっては初回診断時のみ一度きりの保障で終了する場合もあれば、初回診断時より数年経過後に再度がん治療をしている場合にまとまった一時金を支払う複数回保障タイプが存在します。

再発の可能性があるがんを手厚くサポートする事が出来る事からもこの部分を基準にしています。

がん保険の診断給付金の必要性についてはこちらでも解説しています。

がん保険の診断給付金(一時金)は保障内容としていくら必要?【経験者アンケート参考】
がん保険を検討する際の診断給付金の必要性や診断金額について昨今のがんの治療期間や方法、過去にがんを経験された方の実際にかかった費用のアンケート結果を元に紹介しています。

抗がん剤(ホルモン療法)強化

長引くとされるがん治療の中身を更に分解すると定期的な抗がん剤治療を継続している方が多いというのが管理人の感想になります。

保険外交員として現在進行形でがん治療をされている方にお会いする機会も多数ありましたがその多くは入院ではなく通院。
更に通院で行っている治療行為は「抗がん剤(ホルモン療法含む)」というケースが多かったです。

通院治療であれば通院保障でカバーできるのでは?

と思われる方がいます。もちろん通院保障も必要なのですが抗がん剤治療の為の通院で月に何回も病院に通う事は少なく、1か月分の薬を処方されるだけというケースも十分にありえます。

こう言った背景もあり、がん保険の中で抗がん剤治療を強化するのは比較的重要なポイントと考えます。

がん保険ある抗がん剤治療特約の保障内容の必要性と選ぶ3つのポイント
このページではがん保険を選ぶ際の抗がん剤特約の必要性について3つのポイントを踏まえて解説しています。

上皮内新生物強化

悪性新生物ではなく初期段階のがん細胞にあたる上皮内新生物の場合、保険会社によっては全くサポートしていないケースもあれば、通常(悪性新生物)の半分、10分の1などに減額して保障するなど各社対応が様々です。

当然保障の手厚さとしては上皮内新生物でも悪性新生物でも同額での保障なるのでこの部分を評価項目の一つにしています。

上皮内新生物についてはこちらでも解説しています。

がん保険の上皮内新生物とは?悪性新生物との違いや保障内容について
がん保険における上皮内新生物と悪性新生物(がん)の違いから部位別の発生割合や上皮内新生物におすすめのがん保険の選び方等を解説しています。

通院保障強化

昨今のがん治療は入院よりも通院の割合が高く、更に治療期間が長期にわたる事が確認されています。

数十年前のがん保険では入院保障がメインでしたが現在は通院治療をメインとした保障になっています。

とはいえ、がん保険によって通院日数に上限がある場合や無制限などさまざまなのでこの部分を評価項目の一つにしています。

がん保険ある通院保障の保障内容の詳細(必要性や注意点)について
がん保険を検討する際の通院保障の必要性について客観的なデータを参考にしつつ解説しているページです。

払込免除

がん保険の中には診断時に以後の保険料の支払いが免除となる「払込免除」タイプと引き続き保険料の支払いが続くタイプに分かれます。
継続するがん治療に対して少しでも支出が減る方が良いかと思いますのでこの部分を基準の一つとしています。

料金

料金は保険会社によっても全く同じ保障内容に揃えることはできませんが、近しいプランを20歳~60歳の男女で算出した上で各がん保険のベースとなる保険料水準を確認。
最終的に全体の平均保険料に比べて高いか安いかをポイントにしています。

以上の6つの基準を参考におすすめをランキングにまとめています。ランキングに関しては別の基準にてチェックすれば順位も変わる為、あくまで参考としてご確認いただければと思いますが、上位にランクインしているがん保険は他の専門サイトなどでも高い評価を受けてるケースもあるのでご自身のがん保険選びの手助けになれば幸いです。

再度「終身がん保険おすすめランキング」から確認される方はこちら

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル日本地図

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル女性バナー

保険相談サポート
タイトルとURLをコピーしました