心臓・血圧の病気での保険加入の引受目安一覧

心臓・血圧の病気の方の保険加入時の引受目安を保険商品別に紹介しているページです。掲載している内容はあくまで目安となり特定の保険会社で加入不可となる場合でも他の保険会社では加入できるケースや条件付き契約となる場合もありますのであくまで目安として参考にしてください。

心筋症でも保険加入できる?正しい告知方法と入れる保険商品について

心筋症を経験された方や現在治療中の方でも加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には引受基準緩和型保険やがん保険単体であれば症状や状況にもよりますが加入可能となります。
2020.10.02

大動脈瘤の診断後の保険加入と正しい告知方法。加入可能保険商品

大動脈瘤の診断を受けた方、既に治療された方の加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には持病があっても入れる引受基準緩和型保険であれば症状や状況にもよりますが加入可能となります。
2020.10.01

睡眠時無呼吸症候群の方の保険加入と告知ポイント(手術実施有無)(CPAP療法中など)について

睡眠時無呼吸症候群の方の加入可能な保険商品や治療状況による加入目安などを解説しています。具体的にはがん保険は加入に影響なし。それ以外は診療開始から間もないと見送りの可能性大。3カ月から半年程度時間経過していれば加入可となるケースが一般的ですが、医療保険は診療完了や手術後からある程度経過しないと加入可となりません。
2020.10.01

心房細動の方の保険加入は?正しい告知方法(不整脈との違い)と入れる保険商品

心房細動の方は通常の保険加入は難しく引受基準緩和型の保険か単体のがん保険の選択になります。また心房細動を「不整脈」と一括りに申告すると詳細が特定できない可能性もある為、心房細動と診断されているのであれば正確に「心房細動」と告知するようにしてください。
2020.10.01

完全房室ブロックの方の保険加入|正しい告知方法と入れる保険商品について

完全房室ブロックの方でも加入できる保険商品を解説しています。具体的にはがん保険、引受基準緩和型保険であれば状況により加入可能であり、各保険会社より多数の商品が出回っている為、通常タイプ同様に加入者のニーズに合わせた保険選びが可能です。
2020.10.01

ペースメーカーでも保険加入できる商品種類と告知のポイント

ペースメーカーを使用中であっても引受基準緩和型の医療保険や死亡保険は加入できる可能性が高いです。いずれも通常タイプに比べれば保険料が割高と思われがちですが実際には大差なく、オプションの選択も豊富。死亡保険も終身や定期タイプなど要望に合わせてプラン選択が可能です。
2020.10.01

心臓肥大の方の保険加入と告知ポイント(保険商品別の加入目安)

このページでは心臓肥大の方でも加入可能な保険商品と治療状況による加入目安などを解説しています。心臓肥大の場合は具体的な治療行為がなくても保険商品によっては加入が難しい場合があります。診療状況により断定できませんので心臓肥大の方は是非参考にしてみてください。
2020.10.01

川崎病にかかっても保険に入れる!治療状況による【加入目安】と加入可能な【保険種類】について

このページでは川崎病の方でも入れる保険加入について解説しています。一般的に診療完了から5年以上経過していれば加入できたという体験談などがインターネット上に見受けられられます。これは各生命保険会社の告知書の質問範囲が5年以内での健康状況を確認している事に繋がります。事実、告知書では質問されたこと以外を答える必要はない為、川崎病から退院して既に5年以上経過してる場合は告知の必要がなくなり、加入可能となります。ただし合併症などの後遺症がある場合は告知事項に該当する可能性がありますので正確に告知をするようにしてください。
2020.10.01

下肢静脈瘤の方の保険加入と告知ポイント(不担保部位等)について

このページでは下肢静脈瘤の方の保険加入と告知ポイントについて解説しています。先に結論からいくと現在進行形で診療中の場合は医療保険のみ条件付き承諾として両下肢が最大2年程度の不担保となるケースがあります。ただそれ以外は生命保険にせよがん保険にせよ無条件にて加入可能となる可能性が高いです。
2020.10.01

狭心症の方の保険加入と告知のポイント(加入可能な保険商品)(治療状況)について

このページでは狭心症の方やその疑いがある方の保険加入方法、加入可能な保険商品について解説していきます。先に結論からいくとがん保険単体は加入可能性大。医療保険と生命保険は引き受け不可となる可能性が高いです。持病があっても加入できる引受基準緩和型タイプは保険会社によっても判断は異なりますがおおよその目安として直近1年~2年以内での入院が無ければ加入可能性があります。
2020.10.01

不整脈での保険加入と告知のポイント(期外収縮)(洞性不整脈)等について

このページでは不整脈での保険加入について加入できる保険商品や治療状況における加入可能性の目安を解説しています。それぞれ単体のがん保険の場合は加入可能性大。生命保険は入院有無により判断がわかれますが、治療が完了している場合は可能性有り。医療保険は治療状況に限らず不承諾となるケースが高いです。引受基準緩和型医療保険は告知内容にもよりますが、1年~2年以内にて入院による治療がない場合は告知自体に該当しない為、手続きが可能となる可能性があります。
2020.10.01

心不全の方でも保険に加入できる保険種類と告知のポイントについて

このページでは心不全方でも加入できる保険商品や治療状況における加入目安などを解説していきます。一般的には現在心不全を患っている場合は通常の医療保険や生命保険は加入できない可能性が高いです。引受基準緩和型医療保険などは告知事項に該当しなければ加入手続きが可能ですが、おおよその目安として5年~6年近く通院治療を実施していない場合は加入可能性が高くなります。またがん保険に関してはがんに特化した保険という事もあり普通に加入できるケースが多いです。
2020.10.01

医療保険に高血圧(症)でも入れる審査や基準は

医療保険に加入時の高血圧(症)についてまとめています。高血圧でも必ず加入できないわけではなく、数値目安をクリアすれば加入できる保険会社も存在します。そんな医療保険と高血圧の関係を解説しています。
2020.10.01
タイトルとURLをコピーしました