FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

個人年金保険

各保険会社から販売されている「個人年金」(=個人年金保険)は将来の受取る厚生年金や国民年金の上乗せとして人気の商品になります。

商品名に「年金」と入っている事からも契約者が積立型の保険商品という事をイメージしやすいです。

ただ、将来の積立を行う金融商品は個人年金以外にも多数存在しており、個人年金保険のみで積み立てを行う必要は正直無いと考えます。

そこで個人年金保険の仕組みから節税効果など正しい個人年金保険の契約方法をまとめていきます。

個人年金はなぜ必要?個人年金保険の必要性について

個人年金の必要性

そもそも個人年金が必要になる理由としては多くの方が不安に感じている将来の老後の生活資金の問題が上げられます。

そもそも受け取れる年金自体が今よりも、より少なくなるのではないかという問題もあります。

そこであくまで目安ではありますが老後の資金の必要額や厚生年金、国民年金の受給額の計算方法などを解説しています。

高齢夫婦無職世帯の家計収支
老後資金はいくら必要?目安と計算方法

あなたは老後の生活資金がいくら必要なのかを知りたいと考えた事は有りませんでしょうか? もしくは今からどれくらい積立をすれば働くなった後でも年金と貯金の切り崩しで問題なく生活できるか計算しているかもしれ ...

個人年金保険のおすすめの契約方法とは

個人年金の契約方法

個人年金は契約期間中に払い込んだ保険料を指定した年金受取開始年齢以降で分割ないしは一括にて受け取るという商品です。

基本的には払い込んだ保険料以上で年金を受け取る事が可能ですが、そこまで受取る金額が増えるわけではありません。

ただし契約期間中は個人年金保険料控除を活用する事で所得税と住民税を節税する事が可能です。

保険料控除を最大限活用するには個人年金の年間払込保険料を8万円超(月額6500円程度)にします。

個人年金保険料控除の仕組みと節税効果についてはこちらで解説しています。

保険料控除記入枠
個人年金保険料控除による節税効果はいくら?申告書の正しい書き方と要件

あなたは個人年金の保険料控除によってどのくらいの節税効果があるかを正確に把握していますか? もしくは申告書の正しい書き方や個人年金の保険料控除が適応される要件を探しているかもしれません。 個人年金保険 ...

個人年金保険の仕組みについて

そもそも個人年金保険は年金として自分が受取りたい金額を逆算する形で毎月の保険料を積み立てていくシンプルな保険商品です。

その中で大きな違いとしては年金の受取期間が決まっている「確定年金タイプ」か生存している限り終身で年金を受け取れる「終身年金タイプ」のいずれかになります。

ご自身の状況に合わせて希望のタイプを選択していただければと考えます。

10年保証期間付終身年金
個人年金とは?個人年金保険の種類や受取期間。死亡保障の有無について

あなたは将来の老後資金の積立に個人年金を検討してはいませんでしょうか? 各保険会社が扱う個人年金保険にも、種類や受け取り期間など様々な違いがあります。 そこでこのページでは個人年金について種類や主な特 ...

LIFULL保険相談バナー電話無し(9時~19時以外)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険相談二アエル女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

保険相談サポート(スマホ関連コンテンツ)

保険相談サポート(関連コンテンツ)

Copyright© 保険相談サポート , 2019 All Rights Reserved.