がん保険の保障内容の詳細から対象となる治療範囲をまとめて紹介

がん保険の保障内容について
がん保険

このページではがん保険に含まれる各保障内容の詳細について解説していきます。

がん保険は基本的にがん治療のみを対象としている為、がん以外の病気やケガは対象外となります。

ではがん治療であれば全て対象になるのかといういうと必ずしもそうではなくあくまで

ポイント
治療を目的とした公的医療保険制度の対象となる治療が対象となります。

それぞれの保障内容の給付金の受取条件などからおすすめの保障金額などについても触れていきます。

がん保険の保障内容の詳細を確認したい人は是非参考にしてみてください。

がん保険の保障内容でカバーできるがん治療について

冒頭でも触れていますが、がん保険は基本的にがんの治療に対して給付金が支払対象となります。

その為、がんの入院給付金なども以下のようなケースでは給付金の支払対象外となります。

注意ポイント
  • がん以外の病気の治療で入院している
  • がんの治療を行う前提で、がん以外の病気の治療の為の入院
  • がんの診断確定の為の検査入院の結果、がんでないことが分かった場合

更にホスピスなどによる緩和ケアなどはどうかという部分ですがこちらは治療行為としての延長に緩和ケアを行うようなケースであれば対象になる場合もあるという判断になります。

詳細は以下のページでも解説しています。

がん保険で緩和ケアやホスピスでの治療は保障内容に含まれるか?
がん保険に加入している人や、これから加入を検討されている方の質問に緩和ケア病棟などへの入院も支払いの対象になるのかと聞かれる事があります。 一般的にがん保険の入院給付金はがんの治療を直接の目的とした入院であることを条件として支払いの対...

がん(悪性新生物)と上皮内新生物による保障内容の違い

また現行のがん保険ではがん(悪性新生物)と上皮内新生物の両方が保障の対象となっている事が一般的ですが、昔のがん保険や現在でも一部のタイプは悪性新生物と上皮内新生物にて保障内容に差があるケースも多々あります。

上皮内新生物とは
簡単に言ってしまえば、初期段階のがんになります。がん(=悪性新生物)と上皮内新生物は別物として考えている方もいますが、実際は同じがん細胞になります。周囲に広がる浸潤や転移をまだしていない初期段階=ステージ0のがん細胞です。

加入中のがん保険が上皮内新生物の対象外だからと言う理由だけでがん保険の見直しをする必要があるわけでもありませんが、上皮内新生物の発生割合なども参考に必要性を検討してみても良いかもしれません。

がん保険の上皮内新生物とは?悪性新生物との違いや保障内容について
がん保険における上皮内新生物と悪性新生物(がん)の違いから部位別の発生割合や上皮内新生物におすすめのがん保険の選び方等を解説しています。

がん保険の主な保障内容のまとめ

がん保険にもいろいろなタイプがありますがオーソドックスにがん治療全般をカバーするようなタイプの主な保障内容は以下のようになります。

がん保険の主な保障内容
  • 診断給付金(一時金)
  • がん入院給付金
  • がん通院給付金
  • 手術、放射線治療給付金
  • 抗がん剤治療給付金

これらの保障内容についてそれぞれの詳細を解説していきます。

診断給付金(一時金)の保障内容

診断給付金とは初めてがんの診断をされた時点でまとまった一時金を受け取る事が出来る保障内容となります。

診断給付金の場合は例えば、

診断給付金は
  • 診断給付金は幾ら必要か?
  • 2回目以降も受け取れるか?
  • 上皮内新生物も対象か?

等々、がん保険を選ぶ上で重要となる要素があります。

これらを客観的データ等を含めて解説していきます。

がん保険の診断給付金(一時金)は保障内容としていくら必要?【経験者アンケート参考】
がん保険を検討する際の診断給付金の必要性や診断金額について昨今のがんの治療期間や方法、過去にがんを経験された方の実際にかかった費用のアンケート結果を元に紹介しています。

がん入院給付金の保障内容

一般的ながん保険の場合、がん入院給付金日額によってその他の診断給付金や、手術、放射線の給付金額が連動しており当然、毎月の保険料にも影響します。

平均の入院日数は減少傾向にあるのはがん入院も同様ですが、その上でがん入院給付金の日額を幾らに設定するべきかという問題があります。

上記はがんに限った話ではありませんが、入院があった方の1日辺りの自己負担となり、この辺りも参考にがん入院給付金日額を検討する事になります。

がん保険で入院一日あたりいくら必要?入院給付金日額の保障内容について
がん保険の入院給付金日額を幾らに設定するべきかという質問についてですが、がん入院はがん保険以外にも医療保険も入院給付金の支払対象となります。実際に入院経験者の1日辺りの自己負担の平均は1万円~1.5万円となりこれが一つの目安となります。

がん通院給付金の保障内容

最近のがん治療に関しては入院よりも通院の方が治療される方の割合が逆転し、その差が年々拡大している状況です。

そこでがん通院保障の必要性などについても以下のページで紹介しています。

がん保険ある通院保障の保障内容の詳細(必要性や注意点)について
がん保険を検討する際の通院保障の必要性について客観的なデータを参考にしつつ解説しているページです。

がん治療の為の放射線治療給付金の保障内容

がんの治療行為として必ずしも含まれるわけではありませんが、放射線治療は標準治療の一つとして一般化しています。

がん保険でも放射線治療を行った場合に1回あたり10万円や20万円を受け取る事が出来る保障内容が多いです。

放射線治療給付金の対象は
  • 回数無制限で給付
  • 60日に1回の間隔給付
  • がん治療の為の放射線治療

と言った内容となりますが更に詳細も以下のページで解説しています。

がん保険にある放射線治療の保障内容とは?給付金額や支払回数、対象の総線量(グレイ)について
このページではがん保険における放射線治療の必要性や給付金額の設定方法、支払回数、放射線治療給付金が支払われる総線量(グレイ)等について解説しています。

抗がん剤治療給付金の保障内容

一般的にがん治療はその他の病気やケガに比べて治療期間が長期化すると言われています。

実際、管理人も保険外交員をしていたときにがんに罹患された方からの定期的な給付金に関しては抗がん剤治療によるものがほとんどでした。

抗がん剤治療も保険適応の範囲で行われるものがほとんどなので本人の自己負担金額は1ヵ月に限度があります。

それでも継続して抗がん剤治療を行う場合には毎月何万円もの費用が掛かる事を考えるとがん保険で抗がん剤治療がカバーできると非常に心強いのではと考えます。

がん保険ある抗がん剤治療特約の保障内容の必要性と選ぶ3つのポイント
このページではがん保険を選ぶ際の抗がん剤特約の必要性について3つのポイントを踏まえて解説しています。

再発や医療保険との組み合わせ、特約について

長期化、再発するがん治療に備えられるがん保険を探している方も多いです。

そこで再発に対応したがん保険の保障内容や選び方のポイントなどを解説しています。

がん保険で再発に対応できる3つの保障内容と必要性
がん保険で再発に対応できるおすすめの保障内容を解説しています。具体的には診断給付金の複数回受取や通院保障、払込免除等が長期化するがん治療に対して治療費をカバーする事に繋がります。

医療保険との組み合わせ方法など

ほとんどの方はがん保険だけ加入するというよりは医療保険とがん保険の組み合わせようなスタイルを取られる事が多いのではと考えます。

そこでそれぞれの保障内容が重複しつつも最適に機能する様な組み合わせ方法などを以下のページで紹介しています。

がん保険と医療保険の保障内容の違いから両方を正しく組合せる3パターン
医療保障を検討する際にがん保険と医療保険の両方に加入する必要があるのかと疑問に感じられた事はないでしょうか? もしくはがん保険に加入しようと保険相談をしたら営業担当の方から医療保険も一緒に勧められてどうしたらよいか迷われているかもしれ...

実際、がん保険の主な保障内容として紹介しているような各保障部分は特約(=オプション)として自由に組み合わせることも可能なので、医療保険などその他の保険商品との組み合わせが可能となります。

がん保険に必要な特約の保障内容、種類や違いを徹底解説

がん保険に必要な特約の保障内容、種類や違いを徹底解説
がん保険に必要な特約の保障内容、種類や違いをそれぞれ解説しています。最初から全て組み込まれているようながん保険の各コース内容も実はご自身の要望に併せて自由にプラン設計が出来るケースも多いです。

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル日本地図

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル女性バナー

保険相談サポート
タイトルとURLをコピーしました