保険加入と引受目安

保険加入時の傷病別、引受目安を保険商品毎に解説しています。

持病がある場合でも全ての保険商品の加入が難しいわけではなく商品によって加入できるケースや一定の条件付きで加入できる可能性あります。

過敏性大腸炎の方の保険加入と正しい告知方法について

このページでは過敏性大腸炎の診断を受け、通院などで治療を行っている方の保険加入できる保険商品と治療状況による加入目安などを解説しています。具体的には入院治療が長期にわたる場合(30日以上など)は通常の保険商品はがん保険を除き加入が難しいケースが一般的です。入院無し、短期の入院であれば一時的な加入制限があったとしても保険加入可能です。
2020.10.01

心筋症でも保険加入できる?正しい告知方法と入れる保険商品について

心筋症を経験された方や現在治療中の方でも加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には引受基準緩和型保険やがん保険単体であれば症状や状況にもよりますが加入可能となります。
2020.10.02

クローン病でも保険加入できる?正しい告知方法と入れる保険商品について

クローン病の診断をされ現在治療中の方でも加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には単体のがん保険や引受基準緩和型保険であれば症状や状況にもよりますが加入可能となります。
2020.10.01

突発性難聴の方の保険加入と正しい告知方法「診療中」「診療完了」別の加入目安について

このページでは突発性難聴と診断されて現在治療中の方や既に診療完了している方の加入可能な保険商品や治療状況による加入目安を解説しています。入院履歴が長期にならない限り突発性難聴を原因として保険加入が難しいというケースは少ないかと考えます。診療開始からの期間が短いと医療保険が一時的に制限付き加入の可能性があります。
2020.10.01

ぶどう膜炎の方の保険加入時、正しい告知と入れる保険商品について

ぶどう膜炎を経験された方や現在治療中の方でも加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には引受基準緩和型保険や単体のがん保険であれば症状や状況にもよりますが加入可能となります。
2020.10.01

慢性腎炎の方の保険加入と正しい告知、入れる保険商品について

慢性腎炎の診断をされている方の加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には引受基準緩和型保険か無選択終身保険が加入可能となります。
2020.10.01

急性腎炎の方の保険加入と正しい告知方法について

このページでは急性腎炎の診断された方、現在治療中の方でも加入可能な保険商品や加入目安などを解説しています。具体的には急性腎炎で現在診療中の場合は医療保険、生命保険共に加入が見送られる可能性があります。既に診療完了を医師より判定されているのであれば無条件加入となるケースが多いです。
2020.10.01

大動脈瘤の診断後の保険加入と正しい告知方法。加入可能保険商品

大動脈瘤の診断を受けた方、既に治療された方の加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には持病があっても入れる引受基準緩和型保険であれば症状や状況にもよりますが加入可能となります。
2020.10.01

ノイローゼ(神経症)の方の保険加入と正しい告知方法と加入目安

このページではノイローゼ(神経症)方の加入可能な保険商品や治療状況による加入目安などを解説しています。具体的にはノイローゼ(神経症)ではがん保険以外の加入が難しい場合があります。加入可能な商品はがん保険、引受基準緩和型の死亡保険や医療保険を検討する事になります。
2020.10.01

胆嚢炎のある方の保険加入と正しい告知方法「診療中」「診療完了」別の加入目安

このページでは胆嚢炎の治療中または既に治療が終了した人が保険加入する際の加入可能な保険商品や治療状況による加入目安などを解説しています。具体的には医療保険の加入において胆嚢炎の手術前では一時的な条件付き承諾。それ以外では基本的に無条件で加入できる可能性が高いです。
2020.10.01

双極性障害で生命保険に加入できるか?告知の注意点と入れる保険種類について

双極性障害と診断され現在治療中の方でも加入できる医療保険や生命保険を解説しています。具体的には持病があっても入れる保険(引受基準緩和型保険)であれば保険会社によっては加入できる可能性が高いです。
2020.10.01

マイコプラズマ肺炎で保険加入(医療保険、がん保険、生命保険等)するときの告知方法と審査基準「診療中」「診療完了」の目安

マイコプラズマ肺炎の場合、診療中から診療完了後かで審査基準が分かれ、診療中の場合は医療保険や死亡保険は一時的に見送られる可能性もあります。がん保険は診療状況問わず加入できる可能性が高いです。診療完了の定義で間違った告知をしないように現在マイコプラズマ肺炎で治療中の方、既に治療を終えた方も是非参考にしてみてください。
2020.10.01

腰痛で保険加入(医療保険、がん保険、生命保険等)する時の正しい告知方法と審査基準

腰痛持ちの方が各種保険に加入する際の正しい告知方法から加入目安となる審査基準を解説していきます。腰痛を原因として加入が見送られる可能性は低いですが医療保険や就業不能保険では一時的に条件付き承諾などの可能性もあり得ます。
2020.10.01

脳梗塞後の保険加入は?(医療保険、がん保険、生命保険等)入院中の加入可否は?

脳梗塞経験や現在進行形で治療中の方でも加入できる保険は引受基準緩和型保険が中心になります。退院後2年以上経過していればほぼ加入可能となります。その他診療状況に限らずがん保険も加入可。入院中でも無選択型終身保険は選択肢に入ります。
2020.10.01

結核の方の保険加入と告知ポイント入院有無や診療状況別の審査基準について

結核の方の治療状況別の加入目安などを解説しています。診療状況問わずがん保険などは加入できる可能が高い一方で、医療保険や死亡保険などは診療完了=完治していないと加入が難しいケースも考えられます。通常タイプの保険加入が難しい場合は引受基準緩和型の保険を候補を含めます。
2020.10.01
タイトルとURLをコピーしました