FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

がん保険の加入について

がん保険にたばこは影響有り?割引制度はあるか?各保険会社の基準と違いについて

投稿日:

がん保険の加入時にタバコを吸っていると制限される事がある?

逆に吸わない人は吸ってる人と比べて保険料が安くなるような割引制度はないのか?

いずれもがん保険の加入時に聞かれる質問になりますが、現時点ではがん保険の加入に際してたばこが影響する事はありません

保険会社の告知書には「喫煙に関するアンケート」がある場合もありますがあくまでアンケートであり、加入者(=被保険者)の健康状態の確認をしているわけではありません。

ただし、たばことがんには一定以上の因果関係がある事が発表されている事からも、死亡保険などでは「非喫煙割引」も存在します。

そこでこのページではがん保険含む保険加入時のたばこの関係性について解説していきます。


たばことがんの関係性

 

昔からたばこを吸うと「がん」になる確率が高くなると言われる事があったり、たばことがんの関係性については、数多くの研究が行われ、具体的なデータが公表されています。

サイト運営者の私は医学的な専門家ではないので自分の意見を述べる立場にはありませんが、おおよそほとんどの研究結果では喫煙が肺がんなどのさまざまながんとの関連性があるという結論に至っています。

たばこを吸っている本人がなりやすいがんの種類(科学的に明らかなもの:レベル1※1)

厚生労働省では「たばこと病気の因果関係」を4段階で判定した報告書を作成しており、最も因果関係が強いとされる「レベル1」には多数のがんが該当しています。

レベル1 科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である
レベル2 科学的証拠は、因果関係を示唆しているが十分ではない
レベル3 科学的証拠は、因果関係の有無を推定するのに不十分である
レベル4 科学的証拠は、因果関係がないことを示唆している

出典

がん保険加入時のたばこの影響

とは言え、冒頭にて説明しているように現時点ではがん保険の加入時にたばこの喫煙、非喫煙は影響がありません。

たばこを吸っている人も吸わない人もがん保険の加入に保障内容の制限もなければ、吸わない人の保険料が安くなるといった割引制度も存在していません。

がん保険の告知について

がん保険の加入時には各保険会社が用意した告知書に「はい」「いいえ」で回答する必要がありますが、こちらは一般的にがんやその疑いに直接的に関連する項目のみとなります。

がん保険の一般的な告知内容

今までにがん(悪性新生物)※1にかかったことがありますか?
現在 入院中ですか?
または 最近3ヵ月以内に
入院・手術※2をすすめられたことがありますか?
(ただし、すすめられたすべての入院・手術が終わっている場合は除きます。)
過去5年以内に
<表A>の病気やその疑いで、医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか?

表A(クリックしてください)

特定の疾患 脳しゅよう、膀胱しゅよう、GIST(ジスト、ギスト)、カルチノイド
消化器の疾患 肝硬変症、慢性肝炎、肝線維症、肝機能障害(入院や治療を伴うもの)、慢性アルコール性肝機能障害、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、アルコール性肝炎、門脈圧亢進症、食道静脈瘤
呼吸器の疾患 COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、肺気腫、慢性気管支炎、肺線維症、塵肺、硅肺、気管支拡張症、間質性肺炎
腎臓の疾患 慢性腎機能障害、慢性腎不全、慢性腎炎、尿毒症
現在 <表B> の病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?
または 最近3ヵ月以内に <表B>の病状や病気あるいはその疑いで、治療・検査をうけるようすすめられたことがありますか?

表B (クリックして下さい)

しゅよう などの異常 がん(悪性新生物)※1、上皮内新生物※3、異形成、白板症、多発性ポリープ(ポリポーシス)※4、病理検査や細胞診での異常
しゅようマーカーの異常※5 CEA、AFP、CA19-9、PSA
その他 B型肝炎ウイルスキャリア、C型肝炎ウイルスキャリア
現在 <表C> の病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?
または 最近3ヵ月以内に <表C>の病状や病気あるいはその疑いで、治療・検査をうけるようすすめられたことがありますか? (ただし、がん(悪性新生物)※1・上皮内新生物※3・異形成やその疑いが否定された場合は除きます。)

表C(クリックして下さい)

検診の異常 肺の検査、胃腸の検査、マンモグラフィー検査、その他のがん検診
その他 しゅよう、しこり、結節、腫瘤(しゅりゅう)、出血(便潜血、不正出血、喀血、吐血、下血、肉眼的血尿)、貧血(鉄欠乏性貧血を除く)、黄疸、びらん、消化管のかいようや狭窄

※1:がん(悪性新生物)には、白血病、肉腫、骨肉腫、悪性リンパ腫、MDS(骨髄異形成症候群)、
骨髄線維症などを含みます。
※2:手術には、帝王切開、内視鏡・レーザー・カテーテルによるものも含みます。
※3:上皮内新生物には、上皮内がん、CIS、CIN3、HSILなどを含みます。
※4:多発性ポリープ(ポリポーシス)には、過去5年以内に、5個以上のポリープが発生しているもの、あるいは5回以上の治療歴のあるものも含みます。
※5:しゅようマーカーの異常とは、検査結果が基準値を超えた場合を意味します。

上記はあくまで参考として有名なアフラックのがん保険の告知内容になります。

たばこに関しては別枠で1年以内の喫煙状況を聞かれるケースもありますが、あくまでアンケートになり加入の審査には影響ありません。

非喫煙割引がある保険種類について

上記のようにがん保険に関してはたばこが影響する事はありませんが、生命保険の中には喫煙有無によって保険料の明確な割引がされるケースもあります。

具体的には万が一の時を保障する死亡保険がそれにあたります。
中でも対象になるのは保証期間を予め指定する「定期保険」や「収入保障保険」がそれに当たります。

昨今特に残された遺族の為により合理性の高い「収入保障保険」を探される方が多い事からも当サイトでは以下のような健康状態別の収入保障保険のおすすめをランキングで紹介しています。

「収入保障保険」の健康状態

  • 「健康体」
  • 「標準体」
  • 「健康体+非喫煙」
医療保険おすすめランキング
収入保障保険【健康状態別】おすすめランキング2018【標準・非喫煙+健康・喫煙】

2018年7月時点の情報です。 このページでは収入保障保険のおすすめを契約者の健康状態別にランキング形式で紹介していきます。 当サイトでの収入保障保険をおすすめする基準は男女20歳・30歳・40歳の平 ...

非喫煙を判断するコチニン検査について

コチニン検査

非喫煙者を判定する基準は主に2つあります。

ポイント

  • 過去1年間の非喫煙状態
  • 唾液検査による非喫煙反応

過去1年間にたばこを吸ったかどうかというのは客観的に証明する方法がないので、あくまで本人の申告が優先されます。

唾液検査に関しては「コチニン検査」と言われる専用の検査キットを使用し、保険外交員や面接士同席の元、口内の唾液を採取する事で喫煙有無を判定する事が可能です。

コチニン検査
タバコを吸わない人が得する生命保険の入り方(基準や検査方法と対策)

タバコを吸っていないと生命保険が安くなるというような話を聞いた事はありませんか?これは全ての保険会社で実施しているわけではありませんが、たしかに保険商品によっては喫煙と非喫煙で保険料(=掛け金)を分け ...

加熱式たばこの場合

昨今人気の加熱式たばこの場合は「コチニン検査」をクリアできるのでは?といった質問を受ける事もあります。

残念ながら加熱式たばこの喫煙者は「コチニン検査」にて確実に喫煙反応が出るかと思われます。

確かに加熱式たばこは有害物質であるタールが大幅にカットされているようですが、ニコチンは含まれます。

「コチニン検査」は体内に取り込まれたニコチンに反応する検査になります。

喫煙者の方で禁煙後に保険を見直したいという場合は実際にタバコを止めてからでも十分経済的効果が見込めますので禁煙に成功した場合は是非積極的な保険の見直しをご検討ください。

このページのまとめ

がん保険の加入に際してたばこの喫煙有無は現時点で影響がありません。

ただし、健康面ではかなりの角度で病気に繋がる因果関係も公表されています。保険加入をきっかけに禁煙をしてみるのも一つかもしれません。

また先述しているように死亡保険などは「非喫煙割引」など明確なメリットも存在していますので気になる方は是非総合的な保険相談をご検討ください。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

LIFULL保険相談バナー電話有り(9時~19時表示)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

LIFULL女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

-がん保険の加入について

Copyright© 保険相談サポート , 2018 All Rights Reserved.