FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

がん保険の加入について

女性に必要ながん保険の選び方とおすすめ

投稿日:2017年9月20日 更新日:

女性は医療保険を選ぶ際に

  • 女性特有の病気
  • 婦人系の病気
  • 女性が心配な病気

等々がしっかりと保障される保険を希望される事が多いです。

では実際のところ、女性が心配する女性特有の病気とは何でしょうか?

女性特有なので男女共通して起こる病気ではなく主には女性特有の部位に起こる病気を指しますが皆さんが気にしているのは

  • 子宮がん
  • 乳がん
  • 卵巣がんetc

という回答が多いです。
つまり、女性が気にする病気=がんであることがほとんどです。

そこでこのページでは女性におすすめのがん保険の選び方について紹介していきます。
というのもがん保険も現在は各保険会社から発売されており、細かく見れば特定の治療に特化していたり、がんの中でも特定のがんは保障対象外であったりと自分が希望する商品を探すのは簡単ではありません。

がん保険を検討している人は是非このページを参考にご希望のがん保険選びにお役立てください。


女性が心配する女性特有の病気とは

女性特有の病気とは

冒頭にて説明したように女性が心配する女性特有の病気とは主にがんを指している事が多いです。

出典厚生労働省 平成26年患者調査より抜粋。


事実、グラフは主な女性特有の病気の患者数になりますが、その多くは「がん」です。

女性特有の病気で気になるのは「がん」

女性が気にする病気はがん

一般的な傾向として男性よりも女性の方ががんを心配する事が多いのは保険を検討し始めるような20代30代にある身近な同世代ががんになる事が上げられます。

女性ががんになる年齢について

出典


がんは遺伝子のミスコピーによって起こる病気なので絶えず細胞分裂を繰り返す中、年齢の経過に比例してその確率が上昇するのは男女同じではあります。

ただし、グラフにあるように女性に関してはがんの罹患率が上がり始める年齢が20代後半~50代後半くらいで男性よりも早い事が分かります。

一般的に医療保険やがん保険は一生涯の保障として加入する為、特定の年齢の時だけの為に保障を選ぶ事をおすすめするわけではありませんが、やはり女性はよりがんに対する保障を強化する事に間違いはないかと考えます。

女性のがんに多い上皮内新生物

更にがん細胞にはその進行レベルに応じて「悪性新生物」と「上皮内新生物」に分かれます。

上皮内新生物とはがん細胞の中でも初期段階のがんを指しており、ステージ0期にあたります。
出典国立がん研究センターがん対策情報センター「がん診療連携拠点病院院内がん登録 2008年全国集計報告書」
この上皮内新生物はグラフからもわかるように部位別の割合でみると女性のがんに多い傾向があります。

つまり女性ががん保険を選ぶ場合はしっかりと「上皮内新生物」の治療をサポートできるがん保険を選択する必要があると言えます。

上皮内新生物についてはこちらでも紹介しているので良ければご確認ください。

胃潰瘍の保険加入
がん保険の上皮内新生物とは?がんとの違いや保障内容について

あなたはがん保険の加入を検討してる時に「上皮内新生物」と言う言葉を見かけたことはないでしょうか? もしくはそもそも聞いたことはなんとなくあるけど意味が分からない。保障内容が違うのか等、疑問に思われてい ...

多様化するがん保険の保障内容

国内においてがん保険が発売された当初はがん=悪性新生物を対象としていた為、昔のがん保険では上皮内新生物が保障されていません。

昨今のがん保険ではそのほとんどが悪性新生物含め上皮内新生物も対象としてはいるものの、給付の割合が悪性新生物に対して異なるなどの違いがあります。

女性におすすめのがん保険の選び方

上皮内新生物が悪性新生物の保障内容と異なるポイントは以下3点になります。

  1. 診断給付金の金額
  2. 複数回診断給付金の支払回数
  3. 払込免除の条件

診断給付金は悪性新生物が仮に100万円給付される保障に対して上皮内新生物は半分の50万円だったり10分の1の10万円。当然同額保障とする商品も存在します。

また昨今のがん保険の傾向として、最初の診断金が支払われた後も再発等で長期化するがん治療をカバーできるように2回目以降も給付されるタイプが増えています。

この複数回診断金も上皮内新生物は1回限りなどの制限がある場合や同額保障など違いがあります。

払込免除はがんの診断以後、保険料の支払が免除されるという仕組みですが、この場合においても免除は悪性新生物に限る場合など保険商品によって違いがあります。

女性におすすめのがん保険選びとしては一つの可能性として上皮内新生物もしっかり保障される商品がおすすめかと考えます。

当サイトでは複数あるがん保険において上皮内新生物の保障がより強化されているかどうかを含めた独自の評価項目に基づくおすすめのがん保険をランキング形式で紹介しています。

終身がん保険おすすめランキング
がん保険比較おすすめランキング2018|独自評価基準採用【終身・定期・診断金メイン】

がん保険にはタイプ別におすすめがあり、独自の評価基準に基づくランキングを紹介しています! と言われても がん保険ならどれも同じでは? 何を基準に判断すればよいかわからない。 という方が多いかと思います ...

がん保険を検討してる方は是非参考にご確認ください。

実際、がん保険一つをとってみても保障内容が各社異なり、医療保険との組み合わせも考慮する必要があります。

最終的には複数の保険商品を比較検討できるプロのファイナンシャルプランナーの無料相談サービスや保険ショップなどの活用されるのが最も効率的かとも思いますのでこちらも積極的にご活用ください。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

LIFULL保険相談バナー電話無し(9時~19時以外)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

LIFULL女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

-がん保険の加入について

Copyright© 保険相談サポート , 2018 All Rights Reserved.