FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

がん保険の選び方

終身がん保険と定期がん保険はどちらが安心できる?

投稿日:2017年4月23日 更新日:

がん保険の加入を検討するにあたって、保険期間(=保障期間)を終身型と定期型でどちらにしようかと迷われてはいませんでしょうか?

もしくはすでに加入中のがん保険が定期型の為、担当者から終身型に変更を提案されているかもしれません。

そこでこのページではがん保険における保険期間の違いについてその特徴やメリットなどを紹介していきます。


仕組みとデメリット

最近ではがん保険でも医療保険でも終身型の方が多く出回っているイメージですが定期型も一定数存在しています。基本的には終身型がおすすめかと考えますが、それぞれの違いを理解してもらったうえでご自身の希望にあった方を選択してもらえればと考えます。

定期型

定期型のがん保険はその名前の通り、保障期間が一定期間(5年とか10年間隔)で更新時期になると解約の申し出をしない限りそのまま自動更新となります。

更新と言っても、「自動更新」の為、その都度健康状態(=告知)を問われる必要はありません。

メリットとデメリット

メリット

  • 保険料が安い
  • 見直ししやすい

定期型は保障される期間が限定的の為、最大のメリットは何といっても、保険料=掛け金が安い事です。一生涯を対象にしている終身型と比較すると同年齢の方が同じような保障内容であれば確実に保険料は安くなります。

更に更新であるという事を踏まえれば、比較的見直しに関しても気軽に考えやすいとも言えます。

デメリット

  • 更新毎に保険料は上がる
  • 保障期間に満期がある

デメリットは年齢経過に合わせて更新していくため、確実に保険料は上がっていくという点とほとんどの定期型の商品はには最終更新可能年齢が設定されていて、保障期間自体も一生涯ではなく一定年齢で終了となる場合がほとんどです。

終身型

次に終身型のがん保険についてですが、こちらは新規に加入される場合にはほぼこちらで加入する事なり、一般的にはこちらをおすすめになります。

メリットデメリット

メリット

  • 保険料は基本変わらない
  • 見直しや乗り換えがしずらい

終身型の場合は保障期間が一生涯となり、基本的には加入時の保険料が変る事無く続ける事が出来ます。基本的にというのは例えば一部の特約(=オプション)などについては10年更新になっているものもあります。

それでも、加入時点の保険料が変る事無く続けることができるというのは値上がりを気にする必要が無い為、精神的にも楽ではないかと思います。

更になんといっても一生涯の保障の為、いつなるかわからないがんに備えて常に保障されているという方がより安心につながるのではないでしょうか。

がんになる年齢別の可能性



出典国立がん研究センター2012年:がん罹患率~年齢による変化
当然、何もないことを望みつつも、がんは遺伝子の病気の為、特定の年齢のみがなる可能性が高いという事は有りません。ただ確率的に見れば遺伝子コピーのミスが発生しやすいのはやはり高齢になってからです。

いつ起こるかわからないから早めに加入しつつ保障は一生涯という事であればやはり終身型の方が優先されるかと考えます。

このページのまとめ

それでも、保険に関しての考え方はそれぞれの為、とにかく一定期間の保障を強化しておきたという事であれば、定期型のがん保険も選択の一つに入るかもしれませんし、最終的には全体的なご自身の希望する保障プランを踏まえて選択してもらえればと考えます。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

LIFULL保険相談バナー電話無し(9時~19時以外)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

LIFULL女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

-がん保険の選び方

Copyright© 保険相談サポート , 2018 All Rights Reserved.