FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

がん保険の基礎知識

終身がん保険の特徴とおすすめポイント

投稿日:

あなたはがん保険を検討する際に終身タイプにするか定期タイプにするかで迷われてはいませんか?

もしくは現在は定期がん保険に加入されており、更新タイミングで引き続き定期タイプを続けるか終身タイプに切り替えるべきか考えているかもしれません。

一般的にがん保険は保険期間の違いによって「定期」(=一定期間)と「終身」(=一生涯保障)に分かれます。

昨今の保険会社が取り扱うがん保険では終身がん保険が圧倒的に多いです。これにはがん治療に特化しているというがん保険の理由があります。

そこでこのページでは終身がん保険の特徴からおすすめのポイント。更に定期がん保険がおすすめの方までを紹介していきます。


終身がん保険の特徴

終身がん保険の特徴

終身がん保険の特徴は冒頭でも説明しているように保障が一生涯続くことになりますが、それ以外にもいくつか特徴はあります。

そこで終身がん保険の特徴をメリット、デメリットに分けて解説していきます。

終身がん保険のメリット

  • 主契約部分の保険料が変わらない
  • 契約が続く限り保障が一生涯

終身がん保険の場合は契約時から更新がないので保険料に変更がありません。加入時の保険料が変わる事が無い(上がらない)というのは精神的にも楽である方が多いです。

また解約をしない限りには保障は一生涯続きますので、こちらもいつかは保障が切れてしまうという心配はありません。

終身がん保険のデメリット

  • 定期タイプに比べれば保険料が高い
  • 乗り換え見直しがしづらい

一方デメリット部分を上げると定期タイプのがん保険と比べると保険料が高くなりがちという事です。

一生涯がん保障する保険料の算出と5年や10年単位を保障する保険料との比較なので同一年齢での加入を想定した場合には定期がん保険の方が保険料が安くなります。

また終身タイプの保険はがん保険に限らず、「一生保障される」という認識があるので加入後に保障の見直しを検討しない方が多いです。

ただし、がん保険や医療保険は医療技術等の変化に伴い3年から4年程度で商品のリニューアルがされており、内容によっては定期的な見直しをした方がよいという場合もありますが時間経過しすぎると保険料が大幅に上がってしまいタイミングを逃してしまう事もあります。

終身がん保険の注意点

終身がん保険のメリットとして保険料が変わらない(上がらない)という部分が上げられますがこれは主に更新が無い主契約部分の保険料になります。

保険会社によっては主契約に特約を複数組み入れるタイプの終身がん保険もあり、特約によっては10年単位で保険料が上昇していくタイプもあります。

よくあるのが「抗がん剤治療特約」などは加入から10年毎に保険料が更新され、更新後の保険料は年齢にもよりますが1.5倍から2倍程度アップするケースもあります。

終身がん保険のおすすめポイント

終身がん保険は基本的に先述しているメリット部分がそのままおすすめではありますがここでは改めて終身がん保険がおすすめな人に向けてポイントを解説します。

保障期間

がんの保障期間が一生涯となるのが終身がん保険の特徴ですがこれは以下のグラフにあるようにがんの罹患する年齢とも関係しています。

出典


必ずしもがんに限った話ではありませんが、年齢が上がる事でがんになる可能性が高くなる事が分かります。特に男性などは50歳以上くらから急激に罹患率が上昇しています。

つまり加入時期は年齢が若いほど保険料が安めなうちにして、高齢になるにつれてがんの可能性が高くなっても保障はそのまま続いているというはがん保険としての理想と言えます。

選択肢の充実度

定期がん保険と終身がん保険では終身タイプの方が商品数が多い為、選択肢が充実しています。選ぶ事が出来る種類が多いという事はそれだけご自身の希望に合わせたがん保険を見つける事が可能です。

事実、昨今の終身がん保険では加入者のニーズに応えるように従来からある診断金・入院・通院・手術などに対応するオーソドックスなタイプから診断時の一時金のみをサポートする診断金メインのがん保険など多様化しています。

がん保険だけ加入するという方よりも、医療保険などその他の保険との組み合わせにて加入するケースが多い為、ピンポイントでがん保障を追加したいといったニーズにも対応できます。

定期がん保険がおすすめな人

定期がん保険はやはり割安な保険料がおすすなので、あくまで保障は一定期間のみと割り切っている方にはおすすめです。

また終身タイプのがん保険にも加入しつつ、40代50代は更に保障を強化しておきたいというような場合もオプション的な位置づけで定期がん保険を検討してみても良いかもしれません。

このページのまとめ

がん保険に関してはやはり、高齢になるにつれてその可能性が高くなることからも一般的には終身がん保険がおすすめかと考えます。

定期がん保険に比べて保険料が割高になるというデメリットはありますが、これは同一の保険会社にて条件をすべて揃えた場合の比較になります。

必要な保障を整理した上で複数社のがん保険を比較検討すれば終身がん保険も定期がん保険も保険料にそこまで差が出ない場合もあります。

実際にがん保険と検討される場合には各社より複数の商品が発売されていますのでファイナンシャルプランナーや保険ショップでの各社の比較検討が効率的ながん保険選びと言えます。

当サイトでは厳選した保険の無料相談サービスを紹介していますので良ければ是非ご活用ください。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

LIFULL保険相談バナー電話無し(9時~19時以外)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

LIFULL女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

-がん保険の基礎知識

Copyright© 保険相談サポート , 2018 All Rights Reserved.