がん保険の種類による違いとニーズ別おすすめポイント

がん保険の種類別、違いやおすすめについて
がん保険

このページではがん保険の種類による違いからおすすめできる方やポイントなどを紹介していきます。

がん保険と一括りに言っても多種多様なタイプが存在しており

例えば
  1. 保障期間が一生涯の終身タイプ
  2. 一定期間のみ契約となる定期タイプ
  3. がんの診断確定時のみ一時金を受け取るタイプ
  4. 保険が効かない自由診療にも対象したタイプ
  5. がんを経験している方でも加入できるタイプ

等々、実に様々です。

いずれもメリットやデメリットなどがありますのでがん保険を探されている方や見直しを検討している方であれば是非参考にしてみてください。

がん保険の保障期間の違い

冒頭でも触れていますが、最もわかりやすい違いは保障期間(=契約期間)が一生涯か一定期間かに分かれます。

定期タイプのがん保険

定期タイプのがん保険は加入から5年、10年を区切りに引き続き契約を続ける場合は更新する契約形態となります。

定期がん保険のメリット
  • 年齢が若ければ保険料が割安
  • 保険の見直しがしやすい
  • 保障の強化がしやすい

等々が上げられます。

保障期間が限定的なので一生涯保障タイプと比較すれば保険料が割安となる事が一般的です。

更に、数年単位で契約満了となるのでそれに合わせて保障の見直しも積極的に出来るといった点や既に加入しているがん保険に保障を上乗せしたい方などにもおすすめと言えます。

一方、デメリットは

注意ポイント
  • 保障期間が最長85歳まで
  • 更新の度に保険料が上がる

最長でも保障年齢が85歳までとなるようなケースがほとんどの為、必ずいつかは契約は消滅となります。

また若年層ではさほど気になりませんが、50代、60歳以降では更新による保険料の値上がりが大きくなるので保険料の変化を嫌う方には合わないかもしれません。

定期タイプのがん保険は以下のページでも解説しています。

定期がん保険の種類【仕組み】や【メリット】について
がん保険には保障期間を一定期間ごとに更新していく定期がん保険と加入したら解約するまで一生涯保証する終身がん保険の2種類があります。 現在では多くの保険会社から発売されているがん保険は一生涯保障の終身がん保険ではあるものの、一部定期がん...

終身タイプのがん保険

現在、出回っているがん保険のほとんどは終身タイプのがん保険となり、メリットデメリットは定期がん保険のそのまま裏返しのような形になります。

例えば
  • 保障が一生涯続く
  • 保険料の更新がない

ただし終身がん保険の最もおすすめと言えるポイントは商品数が多い為、選択肢がたくさんあるという点になります。

各保険会社より多数の終身がん保険が出回っているので検討者は複数の商品を比較検討して自分にあったプランを契約する事が可能となります。

終身がん保険の詳細は以下のページでも紹介しています。

終身がん保険の種類と特徴(おすすめポイントなど)
終身がん保険の特徴(メリット、デメリット)からおすすめポイントまでを紹介しています。

がん保険の保障内容による違い

がん保険の保障内容は主に2種類に分類する事が出来ます。

具体的には
  1. がん治療全般(診断、入院、通院、手術等)をサポート
  2. がんの診断時のみ一時金をサポート

一般的にはがん治療全般をサポートしているがん保険が主流となりますが、加入希望者の中には診断確定時のみまとまった一時金を受け取りたいというニーズや別の保険(医療保険など)でがん治療もカバーできているので診断一時金のみ強化したいというケースもあります。

診断一時金メインのがん保険

根強い人気があるのが診断一時金メインのがん保険です。

確かに、診断確定時点でまとまった一時金を受け取れ、その使用用途は加入者の自由となります。

実際、がんと言ってできる部位や進行レベルによって治療する内容は千差万別の為、長期入院や通院をする場合や手術だけして診療完了する場合など様々です。

とにかく診断辞典でまとまった一時金を受け取れるというのは合理的で無駄が無いがん保険と言えます。

詳細は以下のページでも解説しています。

がん保険の種類にある診断一時金のみプランの特徴と組み合わせ方法
がんの診断確定時にのみまとまった一時金が受取れる診断一時金特化型のがん保険は合理的でおすすめの商品です。ただし人によっては一時金のみでは心配という方もいますのでデメリット部分を補う他の保険商品との組み合わせなども含めて解説していきます。

自由診療にも対応するがん保険

国内で販売されているがん保険のほとんどは

注意ポイント
保険適応の治療に対して給付金が支払われる仕組みでの為、保険適応外のいわゆる「自由診療」になると対象外になるものが一般的です。

ただしがん治療として本当にお金がかかるのは未承認の抗がん剤治療などを行う場合でありこの部分をカバーするには自由診療に対応したがん保険を県とする事になります。

商品数は多くなく確認しているところで2社のみとなります。

いずれも自由診療のがん保険の必要性などを紹介しています。

自由診療を保障するがん保険の必要性と種類
このページではがん保険における自由診療の必要性と対応する保険商品について解説しています。自由診療と保険診療の違いから必要性、実際に自由診療でかかる医療費などを解説しています。

がん経験者向けのがん保険

過去に一度でもがんになってしまうとその後加入する事が難しくなるのが「がん保険」です。

なぜなら通常がん保険に加入する場合は健康に関する質問(告知内容)にどの保険会社でも

告知内容
Q:今までにがん(悪性新生物)にかかったことがある?

が質問事項に含まれ、がん保険の場合は基本的に「はい」or「いいえ」で回答する事になり「はい」がある場合は基本的に加入できません。

ただ実際に身をもって経験しているからこそ、可能であれば今からでも「がん保険」に加入したいというニーズが高いのも事実です。

そこで一部の保険商品ではがん経験者であっても一定の条件を満たせば加入できる緩和型のがん保険が存在します。

加入条件としてのポイントは

ポイント
  1. 診療完了から5年以上経過している
  2. 女性の乳がんで65歳まで

の2つになりますが、該当する方で再度がん保険を検討している場合は是非参考にしてみてください。

がん経験者でも入れる「がん保険」の種類と条件
過去にがんを経験された方でも特定の条件を満たすことで加入の可能性がある「限定告知型のがん保険」を紹介しているページです。

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル日本地図

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル女性バナー

保険相談サポート
タイトルとURLをコピーしました