FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

生命保険の必要性

生命保険の必要性【独身・既婚・高齢者】状況別に整理

投稿日:

あなたは何かのきっかけで保険の提案があり、今の自分にとって生命保険が本当に必要なのか疑問に思われた事ないでしょうか?

もしくは既に加入している保険についての必要性を確認したいと思っているかもしれません。

そこでこのページでは大まかな状況(立場)に応じたその必要性について紹介していきます。


生命保険の保障範囲

生命保険の役割

そもそも生命保険というと一般的には死亡保険を指します。
被保険者(=対象者)に万が一の事があり死亡もしくは高度障害状態になった場合に契約した保障内容に応じた保険金が残された家族などに支払われるという保険です。

つまり自分の為というよりは自分以外の大切な方の経済的な負担を無くす為に加入するという意味合いが強いです。

医療保険やがん保険との違い

医療費の支払い

一方、医療保険やがん保険などは被保険者である自分が病気やケガで入院や手術などをした場合にその治療費や収入の減少を補填するという内容の為、自分の為に加入するという意味合いが強い保険になります。

加入の目的としては他にもあるかもしれませんが一般的にはそのような分類が出来きます。

種類別保険の加入目的は

  • 生命保険=自分以外の残された家族の為
  • 医療保険・がん保険=自分の為

状況別の必要性について

これらを踏まえた上でご自身の状況別にその必要性を整理するとわかりやすいかと考えます。

  1. 独身の生命保険について
  2. 既婚者の生命保険について
  3. 高齢者の生命保険について
  4. 子供の生命保険について

独身の生命保険について

独身の生命保険

まず独身の方の場合ですが現時点で自分自身がお亡くなりになるような事があったとして、経済的に困る人がいないのであれば直接的に生命保険の必要性はないと言えるかもしれません。

独身=不要というわけではなく、生活の面倒を見る相手がいないのであれば必ずしも今すぐ大きな保険金額の生命保険は不要かもしれないという意味です。

ただ保険は対象者の危険リスクによって保険料が変わる為、年齢が上がれば上がるだけ毎月の掛け金も上がります。

更にその他の金融商品と異なるのは加入時の健康状態によって加入可否が分かれるというものです。

例えば生命保険の中でも終身保険のように保障が解約しない限り一生涯続き、払込を終えた後(60歳払いや65歳払い)で解約してもそれまで支払った掛け金のほとんど、もしくはそれ以上が解約返戻金として戻り無駄にならないような保険もあります。

生活を保障するべき家族がいない方でも早くから準備する事でメリットがあるものもありますので独身の方はそのあたりを踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。

生命保険(個人向け死亡保険)の種類をわかりやすく解説

保険と聞いて多くの方から聞こえてくるのは「わかりにくい」「よくわからない」というような内容になります。 それもそのはずで現在国内には何十社もの保険会社が存在しており出回っている保険商品は数千件を超える ...

既婚者の生命保険について

既婚者の生命保険

独身者に比べれば当然必要性が高まる既婚者ですが、この場合もあくまでご自身が亡くなった場合に残された家族を対象に考えます。

小さいお子さんが居て独立するまでの生活費や学費をカバーする必要があるという事であれば当然、生命保険を検討する必要があるかと思います。

子供の教育費
生命保険を正しく選ぶ!残された家族に必要なお金の計算方法(生活費等)

生命保険の保障額を正しく設定する為にはもし万が一の場合でも残された家族がその後も変りなく生活する為に必要なお金(生活費など)を洗い出す必要があります。 生命保険の必要保障額を算出するステップで言うと最 ...

ただ、ご夫婦二人だけのご家族という場合にはその必要性についても意見が分かれるところかと思います。この場合も独身者同様に、生命保険の種類と特徴を理解した上で必要な保険を選択する事が大切です。

高齢者の生命保険について

高齢者の生命保険

何歳以上を高齢者と呼ぶのかというところは難しい為、年齢は限定しませんがお子様がいる方であれば、すでに独立している状況であることが一般的かと思います。

よく上がるご要望は自分が亡くなっても配偶者やお子様になるべく金銭的な負担をかけないよう死後整理資金(お葬式代など)を準備しておきたいというものです。

それ自体は素晴らしい考えですが、気を付けるべきは保障額に対しての掛け金になります。当然年齢が高くなれば掛け金は高くなるのでその生命保険を契約するのに幾ら支払う事になるのかを把握した上で加入を検討するべきではないかと思います。

子供の生命保険について

ここまでの話の中である程度答えは出ているかと思いますがお子さんに生命保険が必要かどうか?
こちらもあくまで残された家族の経済的補填という観点で考えれば収入を得ていないお子様自身の生命保険の必要性はかなり低いです。

お子様が小さい時に加入する学資保険がありますが、こちらは一般的に契約者である両親のどちらかがお亡くなりになった場合でも学資保険として準備した一時金や年金がカバーされるものです。

このページのまとめ

改めて整理して考えてみると生命保険の必要性はその方の状況だけでは判断できないし、加入する保険の種類によっても必要性を含む目的自体が変わります。

担当の営業の方から提案された保険をそのまま契約するのではなく、ご自身でもある程度知識を付け、必要性の整理をした上で補助的に無料相談サービスなどを活用するのが理想ではないかと考えます。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

LIFULL保険相談バナー電話有り(9時~19時表示)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

LIFULL女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

-生命保険の必要性

Copyright© 保険相談サポート , 2018 All Rights Reserved.