子宮内膜症での保険加入と告知ポイント(手術実施有無)の違いについて

子宮内膜症の保険加入
「さ行」で始まる病気 保険加入と引受目安

あなたは現在、子宮内膜症の治療中で入れる保険や現在契約中の保険の見直しを検討してはいませんでしょうか?

もしくは既に治療が終了している状態で数年経過しており、加入手続きに際して過去の子宮内膜症の治療歴を申告する必要があるのかと気にされているかもしれません。

子宮内膜症は保険会社によっても基準は異なる為、一律で断言する事はできませんが、主に医療保険の加入において診療状況による加入の制限が異なります。

そこでこのページでは子宮内膜症の方でも加入できる保険の種類や治療状況による審査基準等を解説しています。

子宮内膜症の治療中の方や現在は診療完了した方で保険の加入や見直しを検討している方は是非ご確認ください。

子宮内膜症の保険加入の主なポイント

子宮内膜症の保険加入

まず初めに子宮内膜症の方の保険加入や見直し時における告知のポイントをまとめます。

  • がん保険は診療状況に関係なく加入可能
  • 医療保険は治療状況に応じて一部制限が加えられる可能性有り
  • 女性保険(女性疾病特約)も条件付き承諾の可能性有り
  • 生命保険は問題なく加入できる可能性大

一般的な加入傾向が高い生命保険やがん保険は特に子宮内膜症を原因として加入の制限がされる事は少ないです。

ただ、医療保険と女性保険(=女性疾病特約)に関しては子宮内膜症が入院や手術に直結する事もあり、診療状況に応じて加入の制限が異なります。

引き続き子宮内膜症の保険加入の詳細をまとめていますので気になる方は是非読み進めてください。

医療保険の加入について

まず初めに医療保険の加入についてですが大分類として子宮内膜症による手術履歴の有無によって基準が分かれる事が有ります。

加入時の告知では一般的に直近3カ月から過去5年以内での健康状態が問われます。

主な告知の内容

  1. 過去3か月以内に、医師から・検査・治療・投薬をすすめられた?
  2. 過去5年以内に特定の病気やけがで診察・検査・治療・投薬を受けた?
  3. 過去5年以内に手術を受けたことがある?
  4. 過去2年以内に健康診断・人間ドッグで異常の指摘をされた?
  5. 現在妊娠している?

上記のケースで言うと過去5年以内に子宮内膜症の手術を実施しているかどうかが一つの目安となります。

手術があったとしても過去5年以上前であれば告知書の質問に該当しない為、申告する必要はありません。

保険加入時に告知する内容とは(どこまで必要?)
医療保険に加入する際の告知について、正確に審査してもらうためのポイントなどを紹介hしています。

子宮内膜症の手術を実施している場合

子宮内膜症による手術を実施している場合は特に条件などが加えられる事もなく無条件加入となる可能性が高いです。

女性保険など通常の医療保険に女性疾病特約を付加したタイプも無条件で加入できるケースが一般的なので女性特有の病気に手厚い保障を希望される方は以下のランキングもご参考下さい。

女性保険おすすめランキング2020(女性向け医療保険)
女性におすすめの【女性保険】(=女性疾病特約付き)を独自の評価項目でスコア付し、ランキング形式にて紹介しています。女性の方が保険を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

子宮内膜症の手術は未実施の場合

手術を行っていない場合は診療状況による判断になります。

具体的には診療開始からの期間が短い場合には加入時に一時的に制限が付くといったレベルです。

おおよその目安として診療開始から2年~3年以内だと「条件付き承諾」として子宮や卵巣部位が2年~3年前後の不担保というレベルです。
子宮内膜症の手術を実施していない場合

診療開始からの期間加入可否
2年~3年以内条件付き承諾
3年以上経過無条件加入

保障対象外となる部位と期間は保険会社によっても異なりますが子宮内膜症の関連部位が一定期間の範囲の範囲で保障対象外というイメージです。

ただし、条件付き承諾の場合は一定期間のみ不担保という事であればその期間を過ぎれば条件なしでの契約と同じ扱いになります。

女性保険の場合

ただし女性保険に関しては子宮内膜症による手術がなく、診療開始からの期間が比較的短い場合は条件付き承諾ではなく加入が見送られる可能性もあります。

この場合も生涯に渡り女性保険の加入が難しいというわけではないので、一旦は条件付き承諾でも通常タイプの医療保険へ加入し、数年経過して改めて女性保険への見直しを検討するといった対策が可能です。

医療保険おすすめランキング2020|独自評価基準によるスコアリングで徹底比較!
このページでは医療保険のおすすめを独自の評価基準に基づき各社の商品をスコアリングし、合計点の高い順にランキングを作成して紹介しています。評価項目は医療保険を選ぶ上で重要と思えるものを採用している為、独自の基準ではありますが結果として他の専門サイトでも人気のある医療保険と近しい結果になっているケースも高いです。

がん保険や生命保険の加入について

生命保険やがん保険は子宮内膜症の診療状況に関わらず基本的に無条件で加入手続きが可能です。

女性の方は保険を選ぶ際に「女性特有の病気」や「婦人系の病気」が手厚くと保障される保険を希望される事が多いです。

そこで更に具体的な病名を質問すると女性が心配する女性特有の病気とは

  • 子宮がん
  • 乳がん
  • 卵巣がんetc

というように女性が気にする病気=がんであることがほとんどです。

以下では女性のがん保険選びに繋がる考え方を解説しています。
気になる方は是非こちらもご確認ください。

女性に必要ながん保険のポイントと正しい選び方
女性に必要ながん保険は上皮内新生物も悪性新生物と同額で保障できるがん保険と言えます。上皮内新生物の割合が女性がんに多い事からもおすすめの選び方と言えます。

引受基準緩和型医療保険の加入について

子宮内膜症により通常タイプの医療保険が加入できないというケースは少ないかと思われます。

ただし、その他で併発する合併症や子宮内膜症の原因となった病気によっては通常タイプの医療保険が加入不可となる可能性もあります。

この場合状況にもよりますが持病がある方でも入れる「引受基準緩和型医療保険」では限定告知型とも言われるように主に3つ程度の告知内容に該当しなければ加入が可能です。

引受基準緩和型医療保険の主な告知項目

  1. 最近3ヵ月以内で医師より入院or手術をすすめられた。
  2. 過去1~2年以内に、病気やケガで入院or手術を受けた。
  3. 過去5年以内に「がん」or肝硬変で、入院or手術を受けた。

通常の医療保険に比べると保険料が割高というイメージがありますが、現在では各社より商品開発が進んでおり特約(オプション)の選択肢が豊富であったり、保険料も大差がないレベルになりつつあります。

通常の医療保険が難しい方であればこちらも是非ご検討ください。

引受基準緩和型医療保険比較2020|持病があっても入れるランキング
引受基準緩和型医療保険を独自の評価項目に基づくスコアリングを行い具体的におすすめできるランキングとして紹介しています。評価項目とスコアリングルールも明記していますので、引受基準緩和型医療保険をご検討している方は是非参考にしてみてください。

このページのまとめ

先述してるように子宮内膜症が原因で保険加入時に大きな制限がされる事は少ないかと考えます。

手術の実施がなく診療開始から2年から3年程度の場合は一時的に特定部位に加入制限がされる可能性もありますが、保険選びの自由度は高いと言えます。

つまり契約者の方の希望や要望に合わせて複数の選択肢から自分に合った保険を選ぶ事が可能です。

という事は複数の保険会社の商品を取り扱う保険ショップや訪問型のFP相談サービスなどを活用する事が最も有効です。

いずれも無料で何回でも相談サービスを利用する事が可能です。

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル日本地図

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険相談二アエル女性バナー

保険相談サポート
タイトルとURLをコピーしました