FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

無料相談について

新入社員の時に職場に来る生保レディから加入した生命保険の見直し方法

投稿日:

会社に就職した新入社員当時に出入りしていた保険会社の生保レディの方から加入したままの生命保険があるけど、時間も経っているので見直しを検討したい。

既に結婚して子供もいるので「ちゃんと計算して入り直した方が良いのではないか?」

こんな風に思われてる方は沢山います。

そこでこのページでは過去に新社会人になった時に加入した生命保険をそのまま契約している人の見直し方法について紹介します。


国内生命保険会社の多くは更新型生命保険

更新型の生命保険

最近はセキュリティ面からも企業に外部の生命保険会社の人間が出入りする事自体少なくまりました。

それでも一定の割合で職場に来る保険会社(職域営業)は存在しており、そのほとんどは誰もが効いたことのあるような国内大手の生命保険会社になります。

これらの保険会社が販売している生命保険は基本的に更新型の生命保険となっており、死亡保障から医療保障がセットになってパッケージ化され、だいたい10年毎の更新を行う商品です。

代表的なところでは

  • 定期付終身保険
  • アカウント型保険

が上げられ、商品名(=ペットネーム)は「〇〇のカタチ」のように保険会社によって異なりますが正式名称は上記に該当する事がほとんどです。

新入社員の時では特に細かくは考えずに生命保険に加入している場合が多いですが新ためて契約内容を確認すると

更新する必要性の確認

更新の必要性

更新型の保険は基本的に10年毎の更新を行う仕組みになります。死亡保障などは時間経過に合わせて保障するべき対象期間が短くなる為、ある意味更新の仕組みが合理的なケースもありますが、医療保険などは年齢が上がれば必要になる可能性も増えるなかでわざわざ更新する必要があるのかなどを確認します。

保障内容を下げないと掛け金が上がる

更新で上がる保険料

保険は被保険者(=保険の対象になる人)の危険リスクによって毎月の保険料(=掛け金)が設定されています。つまり加入時は新入社員で若かった為、掛け金も多くはなくても更新する頃には年齢が上がっている為、当然掛け金も上がります。
この上りが一度きりであればさほど気になりませんが、基本的に向こう10年毎月の保険料なのでかなり大きな支出になります。

最終的に残る主契約部分の確認

更新型の生命保険で残る部分

更新型の生命保険の場合、主契約に当たる終身保険のみ最終的に継続する事になります。毎月の保険料に構成されている保障内容のほとんどは更新型の特約部分となり、更新ができなくなったタイミングでは主契約部分のみが残ります。

などなど更新型の保険は加入当初の内容の理解があまりされていない事も多いですが更新の連絡をきっかけに見直しを検討するケースも多いです。

理想と現実のギャップ
生命保険の更新で失敗しない3つのポイント【対策】

以前に加入した生命保険が更新時期を迎え確認してみると今までよりも毎月の掛け金が高くなっていて驚いたことはないでしょうか? もしくは他の保険会社の営業担当から現在の保険内容について更新時に保険料が上がる ...

加入目的の整理

そこで改めて保険の見直しを検討する場合、当初は特に気にせず加入した生命保険も本来の選び方は「何のために加入するのか?」という加入の目的を明確にすることで自分にとって必要な保険が見えてきます。

病気やケガの治療の為

病気やケガで入院などをした場合の治療費に備える為の保険は主に自分の為に加入する保険になります。
この場合は「どんな病気やケガに備えたいか?」「1入院いくらくらいの保障が必要か?」などの項目を整理する事で自分が納得できる保険選びが可能になります。

医療保険の選び方
医療保険の選び方の決定版!客観的データから決める10項目(入院日額、保険期間、特約etc)

このページでは医療保険を選ぶときに必要となる入院日額の決め方や保険期間、特約(オプション)の選択方法について客観的なデータも含めつつ解説していきます! 医療保険の選び方と言われてもほとんどの方は 何を ...

残された家族の為

次に結婚して子供も生まれ、子供が小さいうちにもし自分に万が一の事があった場合でも残された家族を保障する為の生命保険は自分以外の為の保険になります。
残された家族の為の生命保険は当然その残された家族を「いつまで?」「どこまで?」を保障するのかを整理出来れば改めて必要と考えられる保険が見えてきます。

参考までにモデルケースによる生命保険の算出手順を紹介しています。

保険の見直し手段

以上のように昔に加入した生命保険を見直そうという場合には自分自身が目的をもってプランを選択するという作業が発生します。

ある程度の予備知識は当サイトを参考にしていただきつつ、同時進行で保険の無料相談サービスを活用するのがおすすめかと思います。

生命保険における必要保障額の計算などは事前にご自身でも行ったうえで答え合わせを行うような感覚で来店型もしくは訪問型の無料相談をご検討ください。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

LIFULL保険相談バナー電話有り(9時~19時表示)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

LIFULL女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

-無料相談について

Copyright© 保険相談サポート , 2018 All Rights Reserved.