FP資格を持つ保険のプロが保険の選び方や見直し方、評価基準に基づくおすすめをランキング形式で徹底解説!

保険相談サポート

慢性気管支炎の方の保険加入と告知方法(入院治療や酸素療法の違い)について

2018年2月11日

あなたは現在、慢性気管支炎を患っている状態で保険の加入や見直しを検討していませんでしょうか?

もしくは今は回復して何もしていない場合でも、加入時の告知をどこまで記載するのか迷われているかもしれません。

基本的には加入時の告知書には該当する項目がある場合、ありのままを全て記入します。

慢性気管支炎は基本的にはほとんどの保険加入が難しいと言えます。

その中で持病があっても入れる引受基準緩和型の医療保険や生命保険であれば加入可能性があります。

このページでは慢性気管支炎でも加入できる保険の種類や治療状況を解説しています。

慢性気管支炎の保険加入の主なポイント

慢性気管支炎での保険加入について

まず初めに慢性気管支炎の方の保険加入や見直し時における告知のポイントをまとめます。

  • 医療保険、生命保険共に加入不可
  • 引受基準緩和型医療保険は状況により加入可能性有
  • がん保険の加入も難しい可能性大

なお気管支炎が慢性ではないという場合は状況も変わりますのでこちらのページもご参考ください。

喘息
喘息で医療保険の加入ポイント【告知内容】【小児喘息】など

もしかしたらあなたは医療保険の加入手続きで喘息を告知して、契約できない「不承諾」の通知をうけていませんでしょうか。 または、喘息だと加入を断られると聞いて、どうすれば問題なく加入できるか調べていたりは ...

急性気管支炎の保険加入
急性気管支炎は保険加入時に告知が必要?慢性との違いや「治療状況」別の加入目安

例えば急性気管支炎などの一時的な気管支炎でも保険加入時や保険の見直し手続きで告知する必要があるのか? また一時的な場合でも気管支炎を告知したら、 保険加入ができない? 気管支部位が保障対象外になるのか ...

引き続き慢性気管支炎の保険加入の詳細をまとめていますので気になる方は是非読み進めてください。

医療保険や生命保険の加入について

まず初めに医療保険や生命保険(=死亡保険)の加入についてですがこれら2つの保険は対象となる保障範囲は異なるものの、告知内容は重複する部分が多く保険会社の引き受け基準も同等になる事が多々あります。

ただし、慢性気管支炎に関してはいずれも「不承諾」として契約が見送られる可能性が高いです。

保険会社によっても微妙に異なりますが加入時の告知では主に直近3カ月から過去5年以内での健康状態が問われます。

主な告知の内容

  1. 過去3か月以内に、医師から・検査・治療・投薬をすすめられた?
  2. 過去5年以内に特定の病気やけがで診察・検査・治療・投薬を受けた?
  3. 過去5年以内に手術を受けたことがある?
  4. 過去2年以内に健康診断・人間ドッグで異常の指摘をされた?
  5. 現在妊娠している?
どこまで
保険加入時に告知する内容とは(どこまで必要?)

保険加入時には保険会社から求められる告知事項に対してありのままの事実を正確に伝える必要があります。 と言われても 加入者 聞かれてること以外も申告が必要なのか? 質問の意味がいまいち理解できない 等々 ...

慢性と言う事は基本的に常時気管支炎を患っている状態になる為、一般的な告知事項に該当しないという事はないかと考えます。

引受基準緩和型医療保険の加入について

通常の医療保険や生命保険等と異なり、持病がある方でも入れる「引受基準緩和型医療保険」の場合は別名では限定告知型とも言われるように主に3つ程度の告知内容に該当しなければ加入が可能です。

引受基準緩和型医療保険の主な告知項目

  1. 最近3ヵ月以内で医師より入院or手術をすすめられた。
  2. 過去1~2年以内に、病気やケガで入院or手術を受けた。
  3. 過去5年以内に「がん」or肝硬変で、入院or手術を受けた。

このうち、2番目の過去2年以内での病気やケガでの入院に関しては保険会社によって取り扱いが異なりますが、特定の病気に限定されているケースがあります。

特定の病気には「慢性気管支炎」が含まれるケースがありますのでしっかり確認してください。

おおよその目安として2年以内に慢性気管支炎の入院治療がない場合は加入できる可能性があります。

酸素療法をしている場合

また一部の保険会社の引受基準緩和型医療保険では5年以内に呼吸器不全による酸素療法がある場合は引き受けを不可とする事もありますのでこちらも具体的に加入を検討している保険会社の告知書を確認するようにしてください。

無料保険相談ランキング
引受基準緩和型医療保険比較2019|持病があっても入れるランキング

このページでは持病があっても入れる「引受基準緩和型医療保険」の比較をランキング形式で掲載しています。 比較に関しては当サイトが考える「引受基準緩和型医療保険」をおすすめできるポイントに基づき独自の評価 ...

がん保険の加入について

がん保険は基本的にがんに関連する項目のみが告知事項になります。

がん保険の主な告知内容

  1. 今までにがん(悪性新生物)にかかったことがある?
  2. 現在 入院中・または 最近3ヵ月以内に入院・手術をすすめられたことがある?
  3. 過去5年以内に特定の病気やその疑いで、医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがある?
  4. 現在特定の病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中。
    または 最近3ヵ月以内にその疑いで、治療・検査をうけるようすすめられたことがある?
  5. 現在特定の病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中・または 最近3ヵ月以内にその疑いで、治療・検査をうけるようすすめられたことがありますか?

上記のケースでいうと過去5年以内の特定の病気には呼吸器の疾患が含まれている場合があります。

呼吸器の疾患内容COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、肺気腫、慢性気管支炎、肺線維症、 塵肺、硅肺、気管支拡張症、間質性肺炎

気管支炎ががんに直接的な関係性が無いと考えて告知内容を見落としてしまうといった場合もあります。

慢性気管支炎の場合はがん保険でもしっかりと告知内容を確認するようにしてください。

がん保険の加入
がん保険に加入する時の告知内容について【医療保険や生命保険との違い】

単体のがん保険に加入する場合は医療保険や生命保険とは異なるがん保険専用の告知書の質問に正しく健康状態を告知する必要があります。 がん保険は一般的に、その他の保険に比べて告知する内容が少なく、持病がある ...

このページのまとめ

慢性気管支炎値の場合は一般的な生命保険や医療保険はもちろん、がん保険も加入できない可能性があります。

引受基準緩和型医療保険の場合は治療状況によって加入できる可能性があるのでこちらを積極的に検討していただくのが良いかと考えます。

引受基準緩和型医療保険も複数の保険会社、保険商品の中からご要望に合わせた保険相談を無料で行う事が可能です。

自分から赴く保険ショップや希望の場所に来てもらう訪問型のFP相談サービスなどご都合に合わせて無料相談サービスを是非ご活用ください。

保険相談サポート(左)

保険相談サポート(右)

保険相談二アエル電話有り(9時~19時表示)

【必見】保険選びは比較検討できる無料相談がおすすめです!

保険相談二アエル女性バナー

保険ショップ検索・予約サイト「保険相談二アエル」ならほけんの相談窓口や全国の保険ショップまで気軽に検索・予約が可能です。

保険見直しラボ女性バナー

訪問型の無料相談サービスも活用できます

ベテランFPのみが対応する「保険見直しラボ」は自宅や勤務先近くなどご希望の場所・時間帯で保険相談が可能です。

保険相談サポート(スマホ関連コンテンツ)

保険相談サポート(関連コンテンツ)

Copyright© 保険相談サポート , 2019 All Rights Reserved.